「待て」を体得してまずはUSD/JPYを制します!

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長々ともったい付けていろいろ書きましたが、

大事なことは、結局のところ


「損切りの徹底」=資金管理 と、

「待て」    =エントリー精度


の2つに集約されるのではないでしょうか。



もう気づいているかと思いますが、

「絶対に勝てる手法」なんてものはありません(たぶん)。

「勝てる可能性が高い手法」ならたくさんあります(たぶん)が

その大元は、およそ巷で言われているスタンダードな手法です。



自分の得意・不得意を知り、

その手法で勝てる確率を上げることで

初めて「勝てる可能性が高い手法」となるのです。



まずはどんな手法でもいいので、デモで試してみましょう。


なるべくわかりやすく、根拠をあとから

説明できるような手法が良いと思います。


先述の、過去のチャートを利用して

はっきりと印をつけられるものが良いでしょう。



デモトレードでは、1つだけ注意することがあります。


それは、「儲けることが目的ではない」ということです。


負けても全然悔しがる必要はありません。

ルールをいくら破っても構いません。


大勝を狙ってもいいですし、スキャルでコツコツ

積み上げていくのもいいでしょう。


あくまでも、

自分の得意なパターンと不得意なパターンを抽出して、

その分析を通して自分なりの手法を見つけること


が最終目標です。


それを、「自己分析~得意・不得意を知る~」で書いたように

気が付いたことを全部書き出してみるのです。



真面目にデモに取り組んでいるのなら、

10 や 20 くらいの気付きがあるはずです。


それらを分析して、

自分がどんなときに儲けて、どんなときに迷って、

どんなときに負けているのか


はっきりとさせておきましょう。



意外なことに、得意と思っていた中にも

失敗の元が紛れ込んでいるかもしれませんよ?



さらにトレードのときのチャートを保存しておくと、

あとから見直すときにも大いに役立つでしょう。



ここまできたら、損切り貧乏からの脱出は、もはや時間の問題です。



あとは、

・得意なところで参加する。(不得意なところは手を出さない)

・得意なところを伸ばす。

・得意なパターンを増やす。

~とレベルアップしていけばいいんです。



おっと、

不得意なところは直さないのか? ですって?


いいところに気がつきましたねー?



でも、それはもう直しているじゃないですか。



最大の不得意だったはずの「損切り」を。。。ね? (^_-)~☆



~あとがき~

現時点で私がたどり着いた

「損切り貧乏からの脱出方法」は、これでほぼ全て伝えました。


あとは、あなたがどれだけ真剣に取り組むか

これに尽きると思います。


これでもダメなら、「やらない」という選択肢もありますが、

そんなことにならないことを願っています。


聖杯探しはもうやめて、自分自身と真剣に向き合って

勝ち組への階段を一歩ずつ登っていきましょう。



//長々とおつきあいくださり、ありがとうございました。

//参考になりましたら、応援をお願い致します。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人へ
にほんブログ村
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。