「待て」を体得してまずはUSD/JPYを制します!

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、ぽんのパパです。

遅れてしまいましたが、
ここまでの週間成績です。

7/22 - 7/24 (3日間): -78

7/27 - 7/31 (4日間): +92

8/ 3 - 8/ 7 (5日間): -24

8/10 - 8/14 (5日間): -215

8/17 - 8/21 (5日間): + 10

8/24 - 8/28 (5日間): -114

8/31 - 9/4 (4日間): -81.8

TOTAL: -410.8


◆ 8/31 - 9/4 累計: -81.8 ◆

8/31 : -15.7 (+ 78.9 / - 94.6)

9/1 : -15.4 (+ 63.7 / - 79.1)

9/2 : -44.7 (+105.0 / - 149.7)

9/3 : トレードなし

9/4 : - 6.0 (+ 75.0 / - 81.0)



うーん、涼しくなってきて、夏の疲れが
出てきたようでどうもピリッとしません。

「2度目の勢いに乗る」を意識して、
とにかく、反射的に入ってしまうクセを
直していこうと思います。



そうそう、雇用統計では、ひとまず致命的な
遅延のようなものは出ませんでした。

ただ、やはり3桁表示の弊害が出ています。


クリックとフォレックスのシステムでは、
指値や逆指値の変更は簡単にできるようになっています。

ポジを選んで変更ボタンを押し、
値段のボックス内にカーソルを合わせて
マウスのスクロール操作での変更が可能なのです。

これがものすごく便利な機能なのですが、
3桁になって、その変化量が実質 1/10 になってしまい
変更に時間がかかるようになってしまったのです。

どういうことか、使っていないと
ピンと来ないかもしれませんが。。。


◆下2桁の場合。

92.85 で ショートでエントリーしたとします。

ストップを同時に 10 pips分入れているので、
92.95 にストップが入っています。

ここから思惑通りに下がってきて、
ストップを92.80に変更したいときには
92.95から ホイール操作で
15ステップ変化させればOKです。


◆下3桁までの場合。

92.85 で ショートでエントリーしたとします。
3桁なので、92.850 と桁が一つ増えています。

ストップを同時に 10 pips分入れているので、
92.950 にストップが入っています。

ここから思惑通りに下がってきて、同じように
ストップを92.800に変更したい。


。。。ところが。

ホイール操作で変化するのは、
一番最後の桁1ステップずつになります。

今までは、下2桁目を 15ステップ
変化させるだけでしたが、下3桁の場合
150ステップ変化させないといけないのです。

これだと、一度消してから
手入力したほうが全然早いです。

でも、それだとせっかくの利便性が
全くもって無意味になってしまっています。


ま、ストップを移動させないで
決済してしまえばいいんですけどね。。。
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。